05:44 2018年11月21日
病院

12年の昏睡から息子が覚醒 信じて待ち続けた中国人母

© Fotolia / Sudok1
社会
短縮 URL
0 60

中国で12年間昏睡状態にあった男性が目を覚ました。その間、寝たきりの彼を諦めずに支えたのは母親だった。英タブロイド紙「デイリー・ミラー」が報じた。

スプートニク日本

2006年、当時36歳のワン・シュバオさんは交通事故に遭った。この事故により彼は全身が麻痺し、こん睡状態に陥った。

​母親のウェイ・ミニインさんはその時63歳。息子を自宅に連れて帰り、看護することにした。それから12年間、母親は貯金のすべてを治療のために使い、借金まで抱え込んだ。食材を買うことができず、1カ月間水しか飲めない時もあった。しかし、母親の努力は決して無駄ではなかった。

つい最近、ワンさんが目を開き、さらに笑顔さえ見せた。彼はまだまったく動くことも話すこともできないが、母親はほんとうに楽観的だ。

「私は嬉しいのです。息子が完全に元気になることを願っています。私は諦めません」と、ウェイさんは打ち明けてくれた。

関連ニュース

大好きなサッカーチームの応援歌を聞いた英国人、昏睡状態から回復する

タグ
健康, 医学, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント