00:54 2020年05月29日
社会
短縮 URL
0 50
でフォローする

カリフォルニア州で起きた大規模山火事により、人々はパラダイス市から避難を余儀なくされた。だがマディソンという名前の犬は焼け落ちた家で飼い主を1ヶ月ほど待ち続けた。

スプートニク日本

緊急避難の際、飼い主はマディソンとミゲルという犬2匹を一緒に連れていくことができなかった。

だが2匹はなんと、パラダイス市に大きな被害をもたらした火災を生き延びた。

ミゲルは近隣都市の動物保護施設で見つかった。マディソンはパラダイス市の家を守り続けていた。動物保護活動家がマディソンに食料と水を運んでいたのだが、連れて行くことはできなかった。マディソンは誰も近くに近寄らせなかったのだ。

12月7日、マディソンの飼い主についにパラダイス市への帰還許可が降りた。忠実なマディソンは、焼け落ちた家で飼い主を出迎えた。

関連ニュース

心から悲しい顔 ジョージ・ブッシュ元大統領の死出の旅を待つ介助犬

タグ
ペット, 災害, 火事, 動物, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント