01:53 2019年01月19日
刑務所(アーカイブ写真)

11回の終身刑のテロリスト、新年に家族のもとへ釈放へ

© Depositphotos / Cunaplus
社会
短縮 URL
0 42

極左組織「11月17日革命機構」の首謀者で11回の終身刑を言い渡されたドミトリス・クフォンティナス受刑者が再び刑務所からの休暇を取得した。受刑者は新年を家族と友人とともに迎える。ギリシャメディアが報じた。

スプートニク日本

初めてフォンティナス受刑者に2日間の「休暇」が許されたのは2017年。一時釈放は毎回反対派と米国からの批判を伴っている。

中央ギリシャのコスタス・バコヤニス知事はフェイスブックに、自らの父を含む11月17日革命機構の犠牲者13人の写真を投稿した。知事の父親であり記者で政治家であったパブロス・バコヤニス氏は1989年、同組織の活動家に殺害された。

関連ニュース

少女殺害で禁固48年 「彼女はインターネットで殺し屋を探した」 被告は主張

タグ
テロ, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント