11:57 2019年10月15日
人間の遺体を堆肥化へ 米国で合法化の可能性

人間の遺体を堆肥化へ 米国で合法化の可能性

© Depositphotos / Chiptape
社会
短縮 URL
2313
でフォローする

米ワシントン州は、火葬や埋葬とともに人の遺体を堆肥として利用することを検討している。もし法制化されるとワシントン州は人間の堆肥化が合法化される最初の州になる。

スプートニク日本

ジェイミー・ペダーセン上院議員の支持するこの法案は、人体の分解を早め栄養豊富な土壌に変える特殊な技術を用いて、人間の遺体をリサイクルすることを可能にする。法案は2019年1月上旬に審議に付せられる。

このプロセスは、従来の堆肥化と非常によく似ており、人間の遺体は堆肥化のためのロッカーに入れられ、有機物で分解される。

法案が採択された場合、2020年5月1日に施行される。

ペダーセン上院議員は、彼のイニシアチブが人間の遺体の取り扱いのプロセスをより安価にするだけでなく、環境にも良い影響を与えると主張している。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント