18:17 2019年02月22日
極東

マイナス60度で50キロ完走【写真】

© 写真: Maarten Takens
社会
短縮 URL
0 10

モルドヴァ出身のエクストリームスポーツ選手がサハ(ヤクート)共和国でマイナス60度の極寒の中、50キロの距離を完走した。マラソンの組織者らが15日、記者団に明らかにした。

スプートニク日本

マラソン組織の発表では、完走したのはドミトリー・ヴォロシン氏。サハ共和国のオイミャコンといえば最低気温がマイナス71度にもたっすることのある地球上で最も寒い土地。ヴォロシン氏はそこでマイナス60度の寒さのなかを50キロ完走した。気象台の発表ではこの日の体感気温は67度。

ヴォロシン氏は50キロを6時間で完走。ヴォロシン氏は完走後の会見で次のように答えている。

「自分のスポーツキャリアで一つらい経験だった、宇宙で船外活動を行うのと同じで、激しい寒さと酸素不足に襲われる。どんな装具もこれには太刀打ちできない。走っている最中に顔の凍傷を起こさなかったことを祈る。息をするのはとても難しかった。空中の酸素量はおよそたりないうえに、マスクには氷がはってしまうからだ。そこで役立ったのがフリーダイビングの経験で息を止める練習をしていたことだ。」

このマラソンはチャリティーで小児性脳性麻痺に注意を喚起する目的で行われた。

関連ニュース

ロシアで降雪 ヤクーチアのいくつもの地区で真夏に雪

マイナス65度の中で入浴、まつ毛が凍る:サハ共和国で前例のない寒波

勇気ある日本人 マイナス60度のシベリアで水浴

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント