03:36 2019年06月21日
アジアゾウ88歳死去

アジアゾウ88歳死去 最高齢か

© AFP 2019 / Stringer
社会
短縮 URL
0 11

インド南西部ケーララ州で今月2日、最高齢の同種個体の1匹だと考えられるアジアゾウが死亡した。88歳。インド紙「TheHindu」が報じた。

スプートニク日本

同紙が報じるところ、ダクシャヤニと名付けられたメスのアジアゾウがカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院で亡くなった。ダクシャヤニは同寺院で最後の日々を過ごしていた。ダクシャヤニは野生ではないアジアゾウの中で最高齢だった。

2016年7月、寺院評議会はダクシャヤニに正式に名誉称号「ガジャ・ムトハッシ(象たちのおばあさん)」を与えた。

アジアゾウ(インドゾウ)は地上に生息する動物でアフリカゾウに次いで大きい。野生での寿命は60〜70歳、飼育されている場合は80歳である。

関連ニュース

「世界一孤独なカモ」死亡 同名のニュージーランド下院議長がお悔やみ

タグ
動物, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント