20:10 2019年04月21日
宝くじ

宝くじに大当たりの男性、3ヶ月かけて妻に退職を説得

© Fotolia / Ralf Geithe
社会
短縮 URL
0 10

英ボストンに住む男性が宝くじで7600万ポンド(約111億円)を当て、辞職を決めた。英紙ザ・サンが報じた。

スプートニク日本

昨年12月、起業家のアンドリュー・クラークさんは高額当選者になった。すぐに2台の車と大きな家を購入し、妻のトリッシュ・フェアハーストさんも退職するよう提案した。病院の料理人だったフェアハーストさん(52)は「忙しくいるのが好き」だとしたうえで、同僚に迷惑がかかるとして断った。

当選からクラークさん(51)はおよそ70万ポンド(約1億円)を使い、ポルシェやマクラーレン、メルセデスなど高級車を購入した。

一方でフェアハーストさんは、より控えめな日産キャシュカイを2万ポンド(約290万円)で購入した。

時間が立ち、「安寧な生活」に慣れ始めたフェアハーストさんは、退職した。友人は、「彼女は踏み切るのに3ヶ月必要だった」と述べる。

関連ニュース

豪男性、18億円の宝くじに偶然2回当せん 地元紙報道

 宝くじで15万ドル当てた米国女性 1日で購入した30枚が当選

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント