10:34 2020年05月26日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

パリのノートルダム大聖堂の屋上で飼われているおよそ2万匹のミツバチは、15日の火災を生き延びていたとわかった。BBCが報じた。

スプートニク日本

BBCによると、巣箱は聖具室の屋上にあり、火災から30メートル離れた位置にあった。

3個の巣箱は2013年から設置されている。大聖堂の養蜂担当者が世話をしている。担当者はミツバチに被害がなかったことは「奇跡だ」と述べた。

関連ニュース

タグ
おもしろい, パリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント