12:51 2019年07月23日

「これは真実」27分間「死んでいた」女性が、死後の世界を語る

© Fotolia / Syda Productions
社会
短縮 URL
0 122

米アリゾナ州フェニックスに住むティナ・ハインズさんは、心肺機能が停止した「臨床的に死んでいる」状態に陥ったが回復し、臨死体験について語った。デイリー・ミラー紙が報じた。

スプートニク日本

2018年2月、ティナさんは心臓発作に見舞われた。夫のブライアンさんが心肺蘇生法を行ったが、心臓は再び停止してしまった。ブライアンさんは救急車を呼び、病院へ向かう途中も医師らが数回、心臓蘇生を行った。

医師らによると、ティナさんは27分間「事実上、死んでいた」という。

病院では、心臓に電気ショックを与える除細動器が使用され、点滴が行われ、人工呼吸器がつけられ、ティナさんは意識を回復した。ティナさんは医師たちにペンとノートを頼み、「これは真実」と書いた。どういう意味なのか訊ねられたティナさんは、空を指差した。

話ができるようになった時、ティナさんは死後の世界について「すべてがとてもリアルで、色はとても鮮やかだった」と語った。

タグ
健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント