14:54 2019年08月26日
新50ポンド札肖像にはナチスの暗号解読したアラン・チューリング

新50ポンド札肖像にはナチスの暗号解読したアラン・チューリング

© REUTERS / Andrew Yates
社会
短縮 URL
114

イングランド銀行のマーク・カーニー総裁は15日、新50ポンド紙幣の肖像に突出した数学者のアラン・チューリングが採用されたと発表した。2021年末までに流通を開始する予定だ。

特別委員会が、科学者12人からなる最終候補者リストからチューリングを選んだ。他の候補には宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士、数学者のエイダ・ラブレス、生物物理学者のロザリンド・フランクリン、化学者のドロシー・ホジキン、物理学者のジェームズ・クラーク・マクスウェルなどが挙がっていた。

チューリングは第2次世界大戦中にナチス・ドイツの暗号機「エニグマ」のメッセージ解読方法を考案した人物として有名。

1939年、当時ケンブリッジ大で働いていたチューリングは開戦まもなく、エニグマの暗号解読作業のため招集された。

作業は機密扱いで、イングランド中部にあるバッキンガムシャーのブレッチリー・パーク閉鎖基地で行われた。エニグマのコード解読の問題は、エニグマの鍵が毎日変更され、その日に到達した結果が翌朝には無駄になることだった。

さらに、チューリングの後の開発は初期のパーソナルコンピュータ開発にも使われた。

新50ポンド札は2021年末に流通を開始する予定だ。

関連記事

タグ
欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント