02:09 2019年10月15日

ゴーン被告の妻 国際社会に対応呼び掛け

© AP Photo / Eugene Hoshiko
社会
短縮 URL
177
でフォローする

特別背任などの罪で起訴された前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告の妻キャロルさんは、日本の「人質司法制度」と夫のゴーン被告に対する扱いに関し、安倍首相に説明責任を求めるよう呼び掛ける声明を出した。ロイター通信が報じた。

この声明は大阪で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に参加したトランプ米大統領らに向けて発表された。

キャロルさんは、フランスのマクロン大統領、ブラジルのボルソナロ大統領にも同様の呼び掛けを行った。ゴーン被告はフランスとブラジルの国籍を持ち、キャロルさんは自らを米国市民としている。

関連ニュース

日産、少なくとも24億円の課徴金を課される可能性

タグ
カルロス・ゴーン, 日産
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント