05:05 2019年12月06日
米国内の女性最高齢者 114歳で死去

米国内の女性最高齢者 114歳で死去

CC BY-SA 2.0 / White Eaglet
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国内で最高齢者だったアレリア・マーフィーさんが114歳で亡くなった。「CNN」が報じた。

長寿者リストを作成する老年学研究者団体の「ジェロントロジー・リサーチ・グループ(GRG)」が今年1月に出した認定書では、アレリアさんは米国最高齢の女性だった。アレリアさんは1905年7月6日に生まれ、裁縫師として働き、化粧品も販売していた。アレリアさんは、1926年からニューヨークのマンハッタン区ハーレムに住み、2人の子どもをもうけたが、1953年に夫と死に別れた。アレリアさんは114歳と140日目で亡くなった。

​GRGのデータによると、アレリアさんの死去で国内の女性最高齢者はノースカロライナ州に住むへスター・フォードさんとなった。へスターさんの年齢は114歳と105日。

また、世界最高齢の女性は現在のところ日本人の田中力子(かね)さん(116)。3月、世界最高齢として田中さんはギネスブックに掲載された。

タグ
びっくり, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント