13:46 2020年07月16日
社会
短縮 URL
0 60
でフォローする

ドローンの操縦者が無防備な遊泳者に近づく巨大なホオジロザメ気づき、背後に潜む危険を警告し、彼らの命を救った。

17歳のキャメロン・グレイスさんは家族とともにこの地区で休暇を過ごし、ドローンの操作を行なっていた。そのとき、ドローンの画像の中にサメを発見した。

​ニューサウスウェールズ州の沿岸で2人の男性から数メートルのところを2.5メートルのサメが泳いでいた。

グレイスさんはこの画像を見た瞬間、恐怖を覚え、危険が迫っていることを遊泳者たちに警告するよう叔母に頼んだ。

彼らは急いで海から上がった。

以前、オーストラリアで行方不明のサッカー選手がサメに襲われたことがニュースとなった。

関連記事

タグ
サメ, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント