20:33 2020年04月04日
社会
短縮 URL
0 13
でフォローする

インドネシア南スマトラ州の2つの無人島が、気候変動による海面上昇により水没した。ジャカルタ・ポスト紙が、インドネシア環境フォーラムの声明を引用して報じた。

フォーラムの声明によると、小さな無人島のベテト島とグンドゥル島は水没し、それぞれ海抜マイナス1メートルとマイナス3メートルとなった。

なお、ベテト島は、ベルバク・センビラン国立公園の一部だという。

また、全力で「海面上昇対策」に取り組まない場合、さらにインドネシアの4つの島が消える恐れがあるという。

専門家らによると、ブルン島はすでに海抜ゼロメートルで、カロン島とサラ・ナマオ島は海抜約2メートル、クラマト島は海抜約3メートルだという。

サラ・ナマオ島は、海面上昇などにより1990年代以降、地元住民が徐々に島を出始めたが、まだ人が住んでいる。

関連ニュース

タグ
インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント