12:44 2020年09月28日
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

27日は世界的にホロコーストの犠牲者を追悼する日。その追悼として、モスクワの欧州博物館と寛容センターではキャンドルを灯すセレモニーが行なわれた。

ロシアの主席ユダヤ律法博士ベン・ラゼル氏は、ホロコーストの悲劇の犠牲者に哀悼の意を表する人々の重要な課題は、この惨劇を二度と繰り返さないためにあらゆる取り組みを行なうことだと表明した。

© Sputnik / Sergey Mamontov
スクワでホロコーストの犠牲者を追悼するキャンドルが灯される

その前日の26日は、アウシュヴィッツのナチス強制収容所が赤軍によって解放されてから75年目にあたり、ベルリンで開催されたホロコーストの犠牲者への追悼式典で75本のキャンドルが灯された。

​23日には、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ホロコーストを記憶する世界フォーラムに出席し、ユダヤ人のジェノサイドは深い傷と悲劇であり、その記憶は永遠に維持されると強調した。また、同大統領はナチスのユダヤ人に対する犯罪は世界の歴史にとってもっとも黒く、恥ずべきページの1つとなったと指摘した。

タグ
ロシア, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント