16:47 2020年03月31日
社会
短縮 URL
新型コロナウイルス (585)
111
でフォローする

新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船で、船内に残る乗客の下船がついに始まった。日本の厚生労働省によれば、19日は乗客およそ500人が下船する。NHKが報じた。

横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号ではこれまでに542人の感染が確認された。船内には17日正午の時点で、乗員乗客合わせて3100人が残っている。

厚生労働省は全員にウイルス検査を実施し、結果が陰性の人は14日間の健康観察期間が終了する19日から下船してもらうことを決めていた。船内に残る乗客の下船は18日の午前11時前から始まった。

厚生労働省は、下船した人たちについて、自宅で通常の生活を送ってもらい、数日間は健康状態を電話で確認することにしている。乗客の下船は21日には終える見通し。

ただし、感染者と同室にいた場合、検査結果が陰性でも感染者が部屋を離れてから14日間は船内に残り、健康状態に問題がなければ下船してもらう方針。


スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
新型コロナウイルス (585)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント