22:53 2020年06月05日
社会
短縮 URL
0 81
でフォローする

国の医療制度「国民保健サービス(NHS)」の支援のために3000ポンド超(約40億円)を集めた英国退役軍人のトム・ムーア氏に名誉大佐の称号が与えられた。この日はムーア氏の100歳の誕生日だった。英国国防省が発表した。

「参謀総長は、資金集めでの大きな業績を称え、トム・ムーア大尉の階級を昇級し、ハロゲートにあるアーミー・ファウンデーション大学の名誉大佐の称号を与えた」と国防省がツイッターで発表した。

​30日、ムーア氏は100歳の誕生日を迎えた。誕生日を記念して、英国空軍機2機が同氏宅上空で儀礼飛行を行った。また、全国民を代表しボリス・ジョンソン首相がお祝いのビデオメッセージを寄せた。

当初、ムーア氏は100歳の誕生日までに25メートルの自宅の庭を100往復することを目標にかかげ、見事に達成した。また、ムーア氏ははじめ医療従事者の支援のために1000ポンド(約13万円)を集めるという目標を立てた。しかし、市民や著名人たちがムーア氏の発意に応え、そのおかげで数千万ポンドが集まった。

 

最新情報では、ムーア氏の取り組みには140万人以上が賛同し、総額で3000万ポンド超の寄付が寄せられた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント