07:37 2020年05月31日
社会
短縮 URL
0 80
でフォローする

中国の武漢市保健委員会は、同市で実施されている全住民を対象にした新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を調べる大規模な検査について、完全に無料で行われると発表した。

新型コロナウイルスの発生地となった武漢市の対策本部は、同市で新たに感染者が確認されたことを受け、10日間で武漢市のすべての住民に対してウイルス検査を実施するよう指示した。

大規模な検査は今月14日に開始された。

保健委員会は「検査費用は市政府と地区の間で配分されている。市の住民はいかなる費用も支払う必要はない」と発表した。

武漢市では毎日、無症状の感染者が確認されており、これが人々の通常の生活に影響を与え、社会に恐怖を引き起こしているため、検査の実施が決まったという。

武漢市では今月9日、4月4日以来初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたほか、16人の無症状感染者も見つかった。全員が外国からの流入ではない感染者で、そのうち5人は翌10日に臨床症状を示し、感染が確認された。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント