20:44 2020年10月23日
社会
短縮 URL
121
でフォローする

イスラエルのエイラート市の海水浴場にジンベイザメが接近し、休暇を楽しんでいた人々をパニックに陥れた。サメが撮影された動画についてサイト『ビジネスインサイダー』が紹介した。

4日、海水客らが海岸のすぐ近くを泳ぐサメに気づいた。

ツイッターで公開された動画では、サメがすごい勢いで海中の人の群れに接近する様子が確認できる。サメの出現は、海水浴客たちをひどく怖がらせ、動画では叫び声が聞こえる。

​このサメは人に危害を加えることのないジンベイザメであることが判明したが、しかし、この時点では人々はそのことを知らなかった。ジンベイザメは世界最大の魚種で最長12メートルに達する。このサメは人々に危害を加えることはなく、プランクトンを食している。ジンベイザメは世界中の暖かい熱帯の海に生息するが、稀に海岸近くに姿を見せる。

 以前、オーストラリアで男性がサメに襲われ犠牲となったことが報じられている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント