12:43 2020年10月20日
社会
短縮 URL
0 38
でフォローする

モスクワ在住の女性(33)が、13年前に日本で出演したアダルトビデオが夫に送られてきた件で警察に助けを求めた。ロシアメディアでもこのニュースは大きな反響を呼んでいる。

人気大衆紙「MK」によると、ボゴロツキー・ヴァール通りに住む女性(33)が治安当局に相談をもちかけた。女性は約13年前に日本のアダルトビデオに出演、その際にディレクターは映像は日本のみで公開され、インターネットに流れることもないと約束したという。

ところが今月20日、SNSで女性の夫に対し、あるアカウントから女性が出演しているポルノ動画が送られてきた。送り元のアカウントはすぐに削除されたという。

女性は現在、アダルトビデオのディレクターに回答を求めている。警察は事実状況を確認中。

最近ネットではこれに近いショッキングなニュースで沸いている。レスリング世界選手権2連覇(2018年と2019年)のザウルベク・シダコフ選手(ロシア)の結婚式で、同選手と招待客数名の携帯電話にある動画が届いた。そこにはあるまじきポーズをとる花嫁の姿があった。動画の送信者は、花嫁は過去にエスコートサービスで働いていたと書き添えている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント