07:42 2021年01月28日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

シンガポールで生まれた男児に、コロナウイルスの抗体があることが分かった。シンガポール英字紙「ザ・ストレート・タイムズ」が報じている。

セリン・ングチャンさん(31)はシンガポールでは少数の、妊娠中にコロナウイルスに感染した経験をもつ。妊娠10週目でCOVID-19の診断を受けた。セリンさんは11月7日に男児を出産。新生児にはコロナウイルスの抗体が確認された

セリンさんによると、彼女自身のコロナウイルス(SARS-CoV-2)への抗体は消えたと小児科医から説明を受けたという。母親の抗体が新生児に移行したと医師らは見ている。

同紙によると、セリンさんの息子は母体が感染後、抗体をもって生まれた初ケースとして登録されるという。一方、新生児のコロナウイルス抗体については3月に中国の医師らも報告している。中国ではコロナウイルス感染症が軽症に終わった妊婦6人を観察し、全員の子どもにコロナウイルス抗体があり、そのうち3人の血中抗体レベルが高かったことを確認している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント