07:04 2021年05月08日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

西アフリカのギニア共和国ではエボラ出血熱が再び感染拡大し、4人の死亡が確認された。ギニアでエボラ出血熱が確認されるのは2016年以来初めて。ギニア保健省の発表を引用してAFP通信が報じた。

報道によると、エボラ出血熱はギニア南東部のンゼレコレ州で確認された。

感染により、現時点で4人が感染後に死亡している。

エボラ出血熱は2月上旬にも中部アフリカのコンゴ共和国で確認されていた。

エボラ出血熱は急性ウイルス感染症で、人間や特定の動物に感染する。

エボラ出血熱は2015年に西アフリカで爆発的に感染拡大し、主にギニア、シエラレオネ、リベリアの3か国で流行した。

関連ニュース

タグ
西アフリカ, アフリカ, エボラ出血熱
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント