12:44 2021年06月19日
社会
短縮 URL
0 40
でフォローする

いくつもの難病を抱えて14歳で亡くなった少女が大好きだった母親にこっそりメモを残していた。「ママ!!」から始まったメッセージは「大好きだよ」「愛してる」「必死におうえんしてる」「いつでも見てるよ」と続き、最後は「がんばって立ち直って」「あの世でまたあそぼ?」で終わっていた。少女はこれを自分が死んだ後の母親の気持ちを気遣って書き残してくれていた。ソラニュースが報じた。

亡き娘、椿さんの遺したメモをツィッター上で公開したのは母親の@HarukazeMiさん(35)。椿さんは2020年12月、14歳と3か月で亡くなった。@HarukazeMiさんは14年と3か月、闘病を見守り続けた長女を失った。

​書き込んだ人々は皆、涙が止まらないと明かしている。自分も辛いのに母親の辛さを思いやるなんて、と椿さんの強さと優しさに心から賛辞、感動がつづられた。

ツィッターの@HarukazeMiさんのプロフィールには生後すぐに椿さんに見つかった病気、後日発症した病が列挙されている。単心室症・総肺静脈狭窄術後・無脾症・低酸素症・フォンタン術後・ペースメーカー埋め込み・2016年より蛋白漏出性胃腸症・鋳型気管支炎 発症。2020年ADHD .ASD発覚。最後にようやく、長男6歳児の2児母35歳とある。@HarukazeMiが椿さんの誕生から今まで、いかに子どもに寄り添い、病気と闘うわが子の背中を押す日々を送ってきたかがわかる。

ツィッターを読むと、椿さんが本当はどう生きたかったのか、どんな環境があれば椿さんが望むように普通に生きられたのか、娘を失った@HarukazeMiさんが自問自答を超えて、共生しやすい社会とは何かを私たち自身に考えてほしいと願っていることが伝わる。

​@HarukazeMiさんは数日前、「娘の生きた証を残します『大好きなママへ』」と題した動画をYouTubeで公開した。椿さんが通った学校で2020年夏休みに思春期に葛藤するわが子に母親から手紙を書くという宿題が出された。@HarukazeMiさんはこれから14歳になる娘に生まれつきの心臓病に弱音を吐きながらも「今日まで生き抜いてきた椿は本当に強い! ママは誇りに思うよ」と書き、一緒に闘う中で母親として強く生きる事ができたと感謝を表した。この手紙を授業中に一人読んだ椿さんは泣き崩れたという。それに対して椿さんが書いた返事。それを読み上げているのがこの動画だ。

@HarukazeMiさんは難病と闘って頑張った娘にもそしてその家族にも頑張った人生があったことをふりかえっている。そのツィートに似た経験をした人たちが書き込む言葉は温もりと思いやりに満ちている。ツィッターが@HarukazeMiさんにとって時間をかけて傷をいやし、自分と家族が人生の次のステップをさぐり、社会を変えていく場となりつつあることがわかる。

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント