17:23 2021年04月21日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

ドイツのシュヴェルム市警は、2012年に食べかけられたソーセージに残された犯人のDNA解析から、9年間未解決だった事件を解明した。AP通信が報じた。

同警察は、強盗の犠牲者が所持していたソーセージに残されたDNAの解析結果が出たと発表した。このソーセージは9年前に犯人がかじったとされる。おそらく犯人は強盗に押し入った時にこのソーセージを食べたのだと推測された。

また、最近フランスの警察が犯人のDNAサンプルを入手し、ソーセージで発見されたものと一致したことが判明したと発表された。

AP通信は、容疑者は30歳のアルバニア国籍の男であると報じた。

シュヴェルム市警は、犯人は2012年に犯した罪を償わなくてもいいことになる可能性があるが、それはこの事件の時効期限がすでに過ぎているからだと説明した。

これは容疑者がフランスからドイツに引き渡されるのか疑わしいことを意味する。男は現在も自由の身でいる。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント