05:05 2021年08月04日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

スポーツメーカーのアディダスは、自社スニーカーで素材の実験を続けている。同ブランドは2021年に世界初となるキノコの根の菌糸体から作られたスニーカーのリリースを予定している。同社の公式サイトで発表された。

発表によれば、スニーカー製造用のキノコはオランダで栽培が行なわれる。キノコの肥料には有機材と大鋸屑のみが使用される。同社は、キノコから形成されたフォーム素材を活用・加工する計画で、この素材は企業秘密とされる。

アディダス社によれば、スニーカーの製造では化学廃棄物はまったく生じないという。このほか、製造では、石油製品は使用されず、水の使用は綿生産よりもはるかに少量で済むとされる。

この間、アディダス社は、レゴブロックとコラボしたスニーカーを発表している。

関連ニュース

タグ
スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント