23:08 2021年05月12日
社会
短縮 URL
0 310
でフォローする

日本のマスコミによると、韓国の原子力学会は26日、日本政府が福島1原子力発電所の放射性物質を含む処理水を海に放出する方針を決めたことをめぐり、韓国国民への影響は微々たるものだとの見解を発表した。

日本政府は今月13日、福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、海洋放出の方針を正式決定した。日本政府は、処理水に含まれる放射性物質トリチウムを国の基準の40分の1未満になるように薄めてから放出するという。

NHKなどによると、これについて韓国の原子力学会は、仮に福島第1原発に貯蔵されているすべての処理水を現在の状態のまま1年間海に放出したとしても、韓国国民の被ばく量は無視できる水準であり、影響は微々たるものだとの見解を示した。

また学会は「韓国の大半のメディアが放射能の恐怖をあおる報道をしている」と指摘し、韓国政府に対して「政治的、感情的な対応を自制し科学的な事実に基づいて問題を解決する」よう求めたという。

一方、日本政府に対しては、一方的に放出を決めたとして遺憾の意を表明したとされる。

韓国では20日、日本政府が福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことをめぐり、大学生30人以上がソウルの日本大使館の前で頭を丸刈りにして抗議した。

タグ
韓国, 日本, 福島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント