03:00 2021年06月19日
社会
短縮 URL
0 02
でフォローする

南米エクアドルの首都キトの交通運輸業部会は7日、5月10日から営業継続のための資金不足を理由に業務を停止すると発表した。

交通運輸業部会のホセ・サンタマリア代表は、記者会見で「来週、5月10日月曜日から、キトの公共バスは財源不足のため、自らの意志で業務を停止する。これはストライキではなく、平和的な活動停止だ」述べた。

同代表は公共、都市、地方、および複合輸送のために民間バス事業を統合しており、この部門の事業は燃料を購入し、車両を維持するための財源が不足しているという。


南米では、新型コロナウイルスの影響により2020年の食糧安全保障問題が19%悪化した。国際連合食糧農業機関(FAO)のフリ中南米カリブ地域代表は「最終的には、地球上の全員に食糧を行き渡らせるだけでなく、飢餓の削減、健康への配慮、市場の確保、人々が生産と労働を行えるようにすること、経済が機能し、貧困が拡大しないようにすること」が必要だと指摘している。

関連ニュース

タグ
エクアドル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント