11:10 2021年07月25日
社会
短縮 URL
0 70
でフォローする

イタリアの「ユベントスFC」のフォワードでポルトガル代表のサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウド氏が欧州選手権の記者会見の席でコカ・コーラを飲むのではなく水を飲もうと呼びかけたことで、同企業の株価が1.6%下落した。

しかし、炭酸飲料に対する同選手の言動が40億ドルのコカ・コーラ資本の下落に関連づけた記者らの試みは根拠のないことが明らかとなった。同社株価はロナウド選手が炭酸飲料の代わりに水を飲もうと発言する3日前からすでに下落傾向にあった。

ハンガリー戦の前日、王者は記者会見を開き、その際に顔をしかめ、コカ・コーラの入った瓶を脇によけた。プロのスポーツ選手である彼は「水を飲みましょう!」とコメントした。

翌日、スペインのマルカ紙が報じ、ポルトガル人の愚かな行為によりコカ・コーラが40億ドルもの資本金を失ったと強調した。

資本は実際に2420億ドルから2380億ドルまで下落したが、しかし、同選手がコカ・コーラを拒む3日前に動きは生じていた。

ロナウド選手の振舞いに対し、コカ・コーラ社は非常に控えめな反応を示し、何を飲むかはその人が決めることとだけ表明した。炭酸飲料メーカーにとって40億ドルはそれほど大きな金額ではないといえる。この額は株式市場においては同社にとってわずか1.6%にすぎない。また、1月以降、コカ・コーラ社の資本は300億ドル増加している。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント