13:06 2021年07月24日
社会
短縮 URL
0 25
でフォローする

米コロラド州でスプレーで汚され、腐食した肉の匂いの立ち込める地獄の家が売りに出された。CNNが報じている。

報道によれば、売りに出されたのはコロラドスプリングス市にある家で、59万ドル(6512万円)の価格がつけられた。この場所で同じような大きさの家は平均で75万ドル(8300万円)から80万ドル(8830万円)の価値がある。

不動産業者の説明ではこの家の概観は普通だが、内部は外部とは大きく異なる。

​家の内部は破壊行動の被害をうけ、黒いスプレーが噴射され、汚されている。また家は長い間、野犬の巣となっていた。

​地下室にある冷蔵庫は肉が多量に保存されていたにもかかわらず、配電が切られていたため、家には耐えがたい悪臭が漂っている。

不動産屋によれば、この家は10年にわたって貸家として使われてきたものの、借主は滞納を理由に2019年に追い出されている。その後、怒り狂った元借主は家財を取りに来たときに内部を破壊したため、翌2020年、家主は修復を試みたが、保険会社との交渉が成立せず、最終的に売りに出すことを決めた。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント