19:38 2021年08月01日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

2012年に首都アテネにある国立美術館から、パブロ・ピカソとピエト・モンドリアンの絵画作品が盗まれた事件で、ギリシャ警察はこれらの絵を発見したと発表した。容疑者の身柄も拘束されたという。地元紙プロト・テーマが伝えた。

容疑者はギリシャ国籍の49歳の男で、裏の販売ルートで売る計画だったが、国外に持ち出すことができなかったと供述している

パブロ・ピカソの「女の頭部」とピエト・モンドリアンの「風車」は、2012年1月に、アテネの国立美術館から盗まれた。事件が発生したのは、美術館が大規模な改修工事を前に閉館する前日のことだった。

プロト・テーマ紙によれば、「女の頭部」は、ピカソが1939年に描いた作品で、その価値は2000万ユーロ(およそ26億3,300万円)に達する。作品の裏面にはピカソが1949年に書き込んだ、ナチス・ドイツに抵抗するギリシャ国民に対する手書きのメッセージが残されている。

白昼堂々、複数点の名画が盗まれたこの事件は、「世紀の盗難」と呼ばれ、捜査には国家情報庁も参加していた。

関連ニュース

タグ
事件, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント