09:29 2021年09月27日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

モスクワ州のコロリョフ市に暮らす102歳のニコライ・バガエフさんは新型コロナウイルスによる感染を克服した。バガエフさんは大祖国戦争に従軍し、2度の負傷を乗り越えた経験を持つ。コロリョフ市のアレクサンドル・ホディレフ市長が明らかにした。

6月にバガエフさんは新型コロナウイルスに感染し、市内の病院で治療を受けていたという。バガエフさんは2021年12月で103歳の誕生日を迎える。

​バガエフさんは戦時中に2度負傷したものの、再び前線へと戻り、1945年の春にはケーニヒスベルク(現在のカリーニングラード)まで従軍した。

治療にあたった医師らは患者の強靭な精神力と日頃からの健康生活により新型コロナウイルスを克服できたと指摘している。

一方、バガエフさんは37日間にわたって懸命な治療行為にあたった医師らを英雄と呼んで感謝の意を伝えた。

関連ニュース

タグ
ロシア, ワクチン, Moderna, 新型コロナウイルス, AstraZeneca
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント