13:33 2021年10月18日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

トルコ南部ケメル近郊の古代の港町パリオンの発掘調査で、考古学者らが1900年前の墓石を発見した。デイリー・サバフ紙が報じた。

発掘調査の責任者、ヴェダト・ケレスシュ教授は記者団に、これは「非常に重要な発見」だと語った

教授によると、この墓石は1m×1mで、最近この地域で見つかった最も美しい墓石の1つだという。

​墓石には、女性(左)と男性(右)の2人の主要人物や使用人、ブドウなどの果物などが乗ったテーブルなどが刻まれている。

また考古学者らは、この墓石の近くでさらに10基の墓を発見した。

ケレスシュ氏は、今回の発見のおかげで学者たちは紀元前1世紀頃のパリオンでコロニア(古代ローマの植民都市)時代に何が起こっていたのか、誰がこれらの場所に住んでいたのか、彼らは何をしていたのかについてさらに多くの情報を得ることができると語っている。

関連ニュース

タグ
トルコ, 考古学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント