マルチメディア

泣ける 最終試合翌日、ベースキャンプのスタッフが日本代表を温かく出迎え

マルチメディア
短縮 URL
0 203

あのベルギー戦から一夜明け、日本代表がロシアでの数週間のトレーニングを積んだカザンのベースキャンプに戻ってきた。選手団がバスを降りたとたん、待ちかねていた現地スタッフから「マラッツィ!」の大合唱が。

「マラッツィ」は「よく頑張った!」「偉かった!」「お疲れ様!」という意味。食堂のおばちゃん、掃除婦さん、みんな太い腕で拍手をしながら、しきりと涙をぬぐっている。数週間を一緒に暮らしたサムライたちの試合を食い入るように見守っていてくれた。悔しさと日本人への誇らしさと称賛と、この大合唱には現地スタッフの気持ちがいっぱい込められている。みなさん、どうもありがとう! ロシアがぐんと近くなった。

タグ
サッカー, 2018年のロシアW杯, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント