14:42 2017年08月17日
東京+ 26°C
モスクワ+ 16°C
    イエメン、空爆で破壊された建物

    イラン いかなる犠牲を払ってもイエメンに人道支援物資を届ける

    © AP Photo/ Hani Mohammed
    中東
    短縮 URL
    イエメン空爆作戦 (67)
    0 623110

    人道支援物資を積み、様々な国の医師や民間専門家たちを乗せたイラン船舶「イラン・シャヒード」号が、イエメンに向かっている。船は2日以内に紅海のフダイダ港に到着する予定。

    貨物の輸送は、国際赤十字赤新月社連盟と、ヴァレリー・エイモス人道問題担当国連事務次長によって認可された。

    このイランの人道支援活動は、これより先にイエメンとの軍事紛争を事実上開始したサウジアラビアと、ハディ元大統領率いる追放されたイエメン政府に不安を与えている。船舶がイエメン領海へ入ることを禁止するとの脅迫が定期的に発せられているほか、軍事攻撃の脅威もある。

    一方でイランはこれまで通り、戦闘の被害を受けたイエメンの一般市民への援助に関心を持ち続けている。イエメン危機解決を目指すイランのイニシアチブを、ロシアも積極的に支持している。両国は、イエメン問題を紛争の全当事者の参加なしに解決することは不可能だと主張している。

    ロシア外務省はまた、ロシアは国連の後援の下でイエメンに関する会議を招集することに協力すると発表した。一方でこの問題に関する米国の立場は全ての国を警戒させている。米国は、イエメンの対抗勢力間の交渉を開始するためにイランに対してイエメンのフーシ派との関係を利用するよう求めたが、一方で人道支援物資を積んだイラン船舶に対する軍事的シナリオを検討している。

     

    トピック
    イエメン空爆作戦 (67)

    関連:

    国連事務総長:28日にジュネーブでイエメンに関する協議開催
    オバマ大統領、「イエメンの安定を脅かす者ら」に対する制裁の続行を決める
    サウジアラビア、イエメン国境に戦力を集める
    タグ
    イエメン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント