16:05 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    「イスラム国」の黒旗

    「IS」の2人の指導者 空爆によりシリアで死亡

    © Sputnik/ Andrey Stenin
    中東
    短縮 URL
    0 30

    「IS(イスラム国)」のリーダー2人が空爆で死亡した。

    シリア北東部で展開された空爆により、国際テロ組織「IS」の最高指導部の代表2人が死亡した。昨日13日、ロイター通信が、シリア人権遵守モニタリングセンターの情報として伝えた。

    「IS」の活動家らのネットワークからモニタリングセンターの代表者らが得た情報では、死亡したのはイラク人のアブ・アサマ・アル-イラキ(Abu Osama al-Iraqi)とシリア人のアメル・アル-ラフダン(Amer al-Rafdan)

    モニタリングセンターは、空爆は米空軍機によるものだったと推測しているが、センターの責任者ラミ・アフドゥラフマン(Rami Abdulrahman)氏は「必ずしもそうだとの確信は持てない。空爆はシリア空軍も行っているからだ」と指摘した。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント