10:20 2018年06月20日
移民

サウジアラビア、シリア難民を既に250万人受け入れ

© AFP 2018 / ARIS MESSINIS
中東
短縮 URL
145

サウジアラビアは、シリア難民をめぐる危機にあまり貢献していない、との批判を反証した。マスメディアはサウジアラビアについてあまりにもたくさん、虚偽の非難を行っている。12日、サウジアラビアのSPA通信が、サウジ外務省高官の言葉として述べた。

それによれば、サウジアラビアは2011年のシリア紛争勃発以来、これまでにシリア人難民250万人を受け入れており、その上、彼らを難民として扱うことなく、移民向けキャンプに押し込めることなく、国内の自由移動を許している。しかも難民たちは無償で医療サービスを受け、労働市場へもアクセスを許されている。

さらにサウジアラビアはシリアへの人道支援として7億ドルを拠出し、難民向けキャンプに診療所を建設している。10万人以上のシリア人学生がサウジアラビアで無償で教育を受けている。サウジ外務省高官は以上のように述べた。

関連:

独、ナチス強制収容所に難民が収容
ロシア外務省報道官:ロシアはEUの難民問題を助ける用意がある
日本、ドイツの難民がドイツ語を覚えるのに1億円を拠出
今年の終わりにかけてシリアからは百万人の難民が出る可能性あり
ドイツ、又しても難民の避難所に放火
ロシア、シリア難民を受け入れるか?
タグ
シリア, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント