03:31 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    イスラエル法相 13歳未満の収監を提案

    イスラエル法相 13歳未満の収監を提案

    © REUTERS/ Ammar Awad
    中東
    短縮 URL
    2745313

    イスラエルのシャケド法相は、13歳未満の子供の収監を可能とするため、イスラエルの現刑法の修正を望んでいる。トルコ国営放送が伝えた。

    イスラエル法務省では、すでに法相の提案に関する調査が行われているが、刑法の修正が実際にいつ行われるのか、その具体的な時期は明らかにされていない。

    13歳未満の刑事責任能力に関する問題が議論されるようになったのは、13歳のアフメド・マナスル少年が、イスラエル人の未成年者をナイフで襲う事件が発生した後。なおマナスル少年は、拘束された時にけがをしたため、現在は病院に収容されている。

    イスラエルの法律では、犯罪行為を行った14歳未満の少年は、閉鎖された教育施設に入れられる可能性があり、20歳に達すると自動的に釈放される。

    シャケド法相は、超極右的な考え方で知られている。2014年、シャケド氏は、高齢者や女性を含む全てのパレスチナ人は、イスラエルの敵だと発表した。

    タグ
    イスラエル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント