16:01 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 9°C
    トルコ大統領

    トルコ大統領はISから石油を買っているとシリア当局を非難し、自分の家族を正当化

    © AFP 2017/ Yuri Cortez
    中東
    短縮 URL
    5755260

    シリアのミクダッド外務次官は、リア-ノーヴォスチ通信のインタビューに応じた中で「トルコのエルドアン大統領は、テロ組織ダーイシュ(IS,イスラム国)から石油を買っているとしてシリア当局を非難しているが、それは自分の家族の行動の『影をそらそう』と試みているのだ」と指摘した。

    ミクダッド外務次官は、次のように述べたー

    「彼らは、シリアやイラクの石油を手に入れ、それをトルコの国内市場やいくつかの外国に売ったエルドアン個人そして彼の家族の『黒い霧』から人々の目をそらせるために、実際の状況を歪めている。我々は、トルコ側に、挑戦状を叩きつける用意がある。自分の言葉が正しいのなら、その証拠を一つでも、示すがいい。

    シリア当局は、自国にとって必要な石油は友好国から買っている。例えばイランは、援助として、毎月タンカー3隻を海路、シリアに送って来てくれている。」

    タグ
    トルコ, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント