02:36 2020年10月31日
中東
短縮 URL
1160
でフォローする

シリアのムアレム外相は「シリア国内の紛争に対する外からのいかなる軍事介入も、我々は侵略として受け止めるだろう」と述べた。

ムアレム外相は、次のように伝えたー

「シリア政府の同意を得ないでなされる、いかなる軍事干渉も、侵略として受け止められる。それゆえ、干渉者は、棺に入って家に送られることになる。」

これに関連してロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は「トルコが、シリアに対し軍事侵攻を準備中だと疑うことのできる重大な根拠がある」と指摘した。

又サウジアラビア国防省スポークスマンは「サウジは、米国主導の有志連合の一員として、シリアでの地上作戦に参加する用意がある」事を明らかにした。なお金曜日にはバーレーン当局も、シリアでの地上作戦参加の用意を表明している。

 

 

関連:

露国連大使「ロシアはミュンヘンでの会合で、シリア問題交渉の前進に向けた提案を示す」
アイスランド首相「大きな影響力を持ったロシアは、米及びEUと共に。シリアでの休戦を可能にする」
シリアのテロリスト 未成年者の自爆テロ要員を要請
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント