20:48 2017年08月17日
東京+ 27°C
モスクワ+ 23°C
    今回の世界分配の結果は?

    イラン、石油取引で中国元による決済を提案

    © Fotolia/ Zhz_akey
    中東
    短縮 URL
    81373221

    イランの石油省は石油取引のドル決済を止め、ユーロ、元など「強い」通貨を用いる計画があることを明らかにした。

    同省のマスード・ハシェミアン・エスファハニ次官は、イランは米ドルおよびドルの世界での通貨循環に左右されることを望まないと明言している。

    これまで明らかにされたところによるとイランは仏トタル社、西の石油化学会社Cepsa(セプサ)社、露ルクオイル傘下の大手トレーダーのLitasco(リタスコ)のユーロ決済での契約を結んでいる。

    関連:

    イラン 原油市場の状況をサウジと話し合う用意あり
    ロシア最大手石油企業会長 10ドルまでの原油価格下落を容認
    タグ
    石油, イラン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント