14:50 2021年02月25日
中東
短縮 URL
1170
でフォローする

政府軍は他の地方とアレッポを結ぶ唯一の幹線道路を奪還した。軍の消息筋の言葉としてリア・ノーヴォスチが伝えた。

「軍はアルシア-ハナセル線を過激派から奪還した。道路はまだ封鎖されている。ハナセル北部ではまだ戦闘が続いており、道路がテロリストに攻撃される可能性もある」と消息筋。

テロリストらは道路の一部に地雷を設置しており、専門家らがすでに可能な範囲で地雷の撤去を始めている。

この道路はシリア軍のアレッポへの補給路として、また同市が食料、燃料その他の必要品を受け取るためのライフラインとして、唯一のものだった。

シリア軍の見方では、テロリストらはアレッポ補給ルートの遮断によりアレッポ北部とラッカ西部におけるシリア軍の大規模攻撃のペースを遅らせようと画策した。

関連:

シリアの飛行禁止区域創設にロシアは異議
トルコ軍、シリア領のクルド人らを砲撃
シリア反体制派、外国からミサイルを大量に入手していることを認める
タグ
戦争・紛争・対立・外交, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント