01:55 2020年08月05日
中東
短縮 URL
121
でフォローする

サッカーの女子アフガニスタン代表チームがイスラム教の法律シャリーアに準ずるユニホームを発表した。9日、英ワールドサッカー誌が伝えた。

これでヒジャブは完全にスポーツウェアの1部となった。デンマークのスポーツ用品メーカー「ヒュンメル」はアフガンのサッカー連盟のすべての要望を考慮するよう努めた。

ヒュンメル社のクリスチアン・スタデイル代表は「ヒュンメルは世界の強豪国の代表チームと提携しているわけではないが、我々は常にパートナーの要望に前向きに答え、彼らの国の独自性を十二分に表現できるよう努めている。我々はアフガニスタンの女性アスリートがあるがままの姿で競技に臨めるよう試みた」と語っている。

FIFA(国際サッカー連盟)は2014年3月の試合で、イスラム教の女子選手に対し、ヒジャブを着用してのプレーを公式に承認。今回のヒュンメル社の考案まではイスラム教国の女子サッカー代表選手は、試合では一般的なユニホームを着用し、マジックテープで着脱可能なヒジャブを巻いていた。

関連:

スイス 学校でのヒジャブ着用禁止に関し住民投票実施の可能性
インスタグラムでヒジャーブをまとったバービー人形のアカウントが大人気
ヒジャーブをまとった世界で最も話題の女性たち
タグ
アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント