16:27 2021年04月19日
中東
短縮 URL
2271
でフォローする

シリアのアサド大統領が「エルドアン軍」がシリアで軍事行動をとっているとしてエルドアン大統領を厳しく批判した。

「今日テロとの戦いの中にエルドアン大統領とサウジアラビアに対する戦いが表れている。トルコでないトルコ軍はエルドアン軍であり、それが今シリアで戦っている」。ロシアのメディア「スプートニク」の31日のインタビューでアサド大統領が語った。

「エルドアンは直接テロリストをサポートしている。トルコ領での移動をゆるし、タンクの操縦まで可能にしている」と アサド氏。

以前、エルドアン氏に対する同様の非難を、ロシア国防省が表した。12月モスクワでの記者会見でトルコは過激派ダーイシュ(IS、イスラム国)からの石油の主な買い手であると述べた。

RTテレビのサイト上に、テログループ「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の原油採掘部門及び隣国トルコへの輸出について物語る文書と、捕虜となった戦闘員らの証言がアップされ話題になっている。

関連:

アサド大統領 任期満了前の選挙に向けた用意を表明
アサド大統領:シリアに将来ロシア以外の基地が残ってはならない
アサド大統領「ロシア支援下でのシリア政府軍の成功は、国内の政治調整プロセス加速化を促す」
ロシア外務省:アサドはロシアでなく西側の友人だ
シリア在野勢力 アサド政権側に北朝鮮の「危険な決死隊」の存在を指摘
タグ
シリア, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント