17:41 2019年12月08日
ダマスカス

シリア指導部、前提条件なしにシリア諸勢力間交渉を行う用意あり

© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
中東
短縮 URL
160
でフォローする

シリア指導部は危機の平和的解決のためのシリア諸勢力間交渉を前提条件なしに行う用意がある。シリア外務省より。

「シリアは対話がシリア人自身によって決定される最終的な解決につながることを期待して、前提条件なしにシリア諸勢力間交渉を行う用意がある。外部からの介入なしで。国連と国際社会の支援のもとで」リア・ノーヴォスチが伝えた。

交渉のひとつ前のラウンドは、4月にジュネーブで開催された。国連特使スタファン・デ・ミストゥレ氏は2週間のうちにダマスカスと反対派を直接交渉に引き出すことができなかった。協議は5月も継続することが予想されたが、そうはならなかった。

先に伝えられたところによると、6機のロシアの爆撃機が、シリア領内で諜報により発見された「ダーイシュ」の拠点を空爆した

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント