23:49 2019年11月21日
「クルドのシンドラー」、ダーイシュ(IS)の奴隷救出について語る

「クルドのシンドラー」、ダーイシュ(IS)の奴隷救出について語る

© Flickr/ Cristian Iohan Ştefănescu
中東
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
1110
でフォローする

ヤジディ教徒はダーイシュ(IS)の最大の犠牲であるといっても過言ではない。7月にはヤジディ教徒に対するダーイシュのジェノサイドが国連にも認められた。ロシアのインターネットサイト「Lenta.ru」がヤジディ教徒救出に当初から当たっていた人物に取材を行った。

その名はオスマン・デナイ。432人を奴隷から救った。「ヤジディ教徒のシンドラー」と呼ぶのがふさわしい。氏によれば、ダーイシュが主に奴隷に使うのはヤジディ教徒の女と子供だ。ダーイシュ司令官らは何度かにわたって互いに奴隷の転売を行った。女には名前のかわりに番号がつけられ、取引所で人間でなく物のように売買された。

氏のチームはつい最近も14歳の少女を救出。ダーイシュは彼女を何週間にもわたって暴行した。不信心の少女と二か月ほど寝れば、その血は清められ、彼女は信仰を受け入れられるようになる、というのが彼らの考えだ。

ダーイシュの制圧下にある都市に入り込み、さらには生還することは困難だ。しかし、捕虜救出においてそれより遥かに困難なのは、捕虜の心が折れ、すでに解放を望むことをやめてしまうことだという。ダーイシュではテレビは禁止され、できるのはコーランを読み、イスラムについて話し、祈ることのみ。捕虜にとり、現実世界は存在しなくなってしまう。テロリストらは国のほとんどはダーイシュの制圧下に入ったと捕虜に吹き込む。ある救出された女性は、ダーイシュはすでにイタリアまで制圧してしまった、と思っていたという。

ロシアの爆撃機スホイ34型機
© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation
デナイ氏はチームのメンバーに給料を払ってはいない。すべては善意でなされている。しかし、活動は非常にリスクが高い。2年間で17人が死んでいる。政府も彼らを助けてくれない。お金も、武器も、何も与えてはくれない。

インタビューの終わりにデナイ氏は次のように述べた。

ロシアが地域、我々のためにしたことを決して忘れない、と言いたい。あなたがたはダーイシュを、他の国とは違い、一番必要な場所で叩いている。この組織に終わりをもたらすものが誰かいるとしたら、それはロシアだ。あなたがたは自分自身とか私たちのためだけでなく、人類全体のために戦っているのだ」

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

シリア合意、最終案を米国がロシアに提示、マスコミ情報
シリアで行方不明の安田さんのカード使用
シリアで戦闘員を取材していた米国人ジャーナリストがトルコで拘束される
ロシア国連大使:シリアでの化学兵器についての報告書の事実は改ざんされた可能性
タグ
ダーイシュ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント