08:54 2017年03月25日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    シリア

    シリア停戦発効

    © AFP 2016/ Mohamad Abazeed
    中東
    短縮 URL
    367381

    シリア全土で米露主導の停戦が12日モスクワ時間19時(日本時間13日1時)発効した。ロイターが報じた。

    これはすでに5年内戦が続いているシリアでの戦闘行為を停止しようとする米露の2度目の試みだ。

    シリア政府も反政府軍も今のところ公式には停戦支持を声明していないが、双方の側の情報筋は、彼らはこの条件に賛成したと断言している。

    ロシアのラブロフ外相とケリー米国務長官は14時間に及ぶ会談の後シリアでの停戦合意調印を声明した。しかし、紛争には多数のプレーヤーが関わっているため、合意実現化には確信を持てない状態だ。

    関連:

    ラヴロフ外相「ロシアは『自由シリア軍』とコンタクトを確立する用意あり」
    ラブロフ外相とケリー国務長官 シリアに関する軍のコンタクトについて合意
    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      hashimotofoto
      全体に見てこの話し可笑しくありませんか? だって米国ロシアにとってテロリストはこの2国の敵。 それをロシアがシリア政府軍の代表で米国はテロリストの代表? これって完全な矛盾ですよね? 真実が表に出ない限り本当の平和は訪れない。
    • avatar
      catss4
       露米 両国の目指している方向が全く違うわけで、先行きは明るくない。
       アメリカの好戦派はシリアの停戦を戦闘態勢の立て直しに使ってきた。アメリカ支配層の常套手段だ。
       また、ロシアを敵視、協力すべき相手と見ていないことを隠さない人もいる。
       こうした発言を承知でロシアはアメリカと協調する道を探っている。それをアメリカの好戦派は弱さと理解、もう少し押せば屈服させられると考えて軍事的な緊張が高まる可能性がある。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609100000

      ☆ 日本を含めて 西側と露は 心から 魂から同意 ということは不可能。
      忍耐強く ミンスクを繰り返すしか 道はないのか? 戦争を避けるために ・・
    • avatar
      sy070208
      停戦合意など絵に描いた餅
      早速後ろから撃ちましたね!
      報復しないと、政府軍の士気にも影響するでしょうね。
      イスラエル軍機撃墜の報復かもしれません、何せ米軍、有志軍の
      戦闘機パイロットにはCIA,モサドの工作員がいますからね!

      シリア北東部でダーイッシュを攻撃していたシリア政府軍を米国主導の連合軍が空爆、80名を殺害
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609180000
      今回の攻撃はロシア政府とアメリカ政府がシリアにおける停戦協議を続ける中で引き起こされた。こうした動きを壊したいと考えている勢力がアメリカ政府内にいることは確かで、そうした思惑があるのだろう。

       多くのシリア政府軍兵士が殺されたことから、シリア国内だけでなく、ロシアでも対米強硬論が強まる可能性があるが、これはアメリカの好戦派が望んでいることだろう。彼らは外交でなく軍事的に決着をつけたがっている。アメリカ大統領選の投票日までの期間、軍事的な緊張が高まる可能性がある。
    新しいコメントを読む (0)