14:05 2020年11月29日
中東
短縮 URL
281
でフォローする

シリア全土で米露主導の停戦が12日モスクワ時間19時(日本時間13日1時)発効した。ロイターが報じた。

これはすでに5年内戦が続いているシリアでの戦闘行為を停止しようとする米露の2度目の試みだ。

シリア政府も反政府軍も今のところ公式には停戦支持を声明していないが、双方の側の情報筋は、彼らはこの条件に賛成したと断言している。

ロシアのラブロフ外相とケリー米国務長官は14時間に及ぶ会談の後シリアでの停戦合意調印を声明した。しかし、紛争には多数のプレーヤーが関わっているため、合意実現化には確信を持てない状態だ。

関連:

ラヴロフ外相「ロシアは『自由シリア軍』とコンタクトを確立する用意あり」
ラブロフ外相とケリー国務長官 シリアに関する軍のコンタクトについて合意
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント