22:42 2017年11月20日
東京+ 5°C
モスクワ+ 2°C
    国連:アレッポ東部は2ヶ月後完全に破壊されている可能性

    国連:アレッポ東部は2ヶ月後完全に破壊されている可能性

    © AFP 2017/ Karam Al-Masri
    中東
    短縮 URL
    0 652115

    国連でシリア問題を担当するスタファン・デミストゥラ特使は、激しい戦闘行為が続いた場合、アレッポ東部は2016年末までには完全に破壊される可能性があると述べた。スプートニクが報じた。

    デミストゥラ特使は次のように述べた。

    「さて、もし爆撃が続いた場合、一体何が起こる可能性があるか?最大で2ヶ月か2ヶ月半の期間で、このような激しい爆撃はアレッポ東部を完全に破壊する可能性がある。これは特に旧市街についての話だ。」

    先にワシントンポストが報じたところ、米国はシリアでアサド大統領側の政府軍に空爆を検討している

    関連:

    独立専門家ら、アレッポでの国連人道支援車列への攻撃を芝居と断じる(写真、動画)
    アサド大統領、西側がシリアの勝利を恐れる理由を語る
    タグ
    国連, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント