03:55 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    ISのパルミラ侵攻はなぜ起きた? シリア大統領が原因説明

    ISのパルミラ侵攻はなぜ起きた? シリア大統領が原因説明

    © AFP 2017/ Joseph Eid
    中東
    短縮 URL
    21630152

    テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」のパルミラ攻撃はシリア政府軍のアレッポ進撃への報復だった。シリアのアサド大統領はロシアのテレビ局「RT」からのインタビューにこう答えた。

    ダーイシュのパルミラ侵攻は12月10日に開始された。ダーイシュは民間人の避難が終わっていたパルミラ周辺でうまくポジションを固めた。

    アサド大統領は「(ダーイシュの)攻撃の開始時間を見れば、それがアレッポの情勢と関連していることがわかる。これはアレッポでのシリア軍の動きに対する報復だ。ダーイシュはアレッポの勝利をいわば台無しにしようとし、この間にシリア軍をパルミラへと動かし、その注意をアレッポからそらそうとしたのだ」と指摘した。

    関連:

    ラブロフ外相、米国はアサド転覆にヌスラ戦線を可愛がっている疑い
    アレッポ東部、一昼夜で民間人7千人以上が避難
    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント