19:07 2017年12月17日
東京+ 5°C
モスクワ+ 6°C
    シリア政権、武装戦闘員の化学兵器使用の証拠を提出

    シリア政権、武装戦闘員の化学兵器使用の証拠を提出

    © AP Photo/ Alfonso Perez
    中東
    短縮 URL
    2272

    シリア政権は化学兵器禁止条約組織の国際使節団に対して、武装戦闘員らが有害化学物質イペリットを使用していた証拠を手渡した。シリアの化学兵器禁止条約実現に関する国家機関のサメル・アッバス代表が明らかにした。

    アッバス代表は「国際使節団に対して資料を提出した。これらの資料はチェックされ、受領された。使節団はサンプルを採取し、これを分析にかけるために再度シリアを訪れる」と語っている。

    資料とはロシア国防省の専門家らによって採取された証拠で、2016年10月31日、アレッポ州アフリン地区ムレット・ウム・ハウシュ居住区においてイペリットが装填された240ミリ地雷が使用されたことを示すもの。アッバス代表はさらに次のように語っている。

    「物質的な証拠(サンプル)はハーグにチャーター便で届けるための財政的な困難が解決されるまで、鉛で封印されシリア人の責任で保管されている。証拠の積み出し時期は現時点では2017年1月をめどとしている。」

    関連:

    シリア首都の警察署で爆発
    シリア・アレッポ住民「町の解放により生活を取り戻せた」
    タグ
    化学兵器, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント