14:02 2017年10月21日
東京+ 17°C
モスクワ+ 2°C
    ソーシャルネットワークユーザーら、少女バナさんの父親とダーイシュ(IS)の結びつきを発見

    ソーシャルネットワークユーザーら、少女バナさんの父親とダーイシュ(IS)の結びつきを発見

    © AFP 2017/ Stringer
    中東
    短縮 URL
    53608356

    先日トルコのエルドアン大統領のソーシャルネットワークページに少女バナ・アラベドさんとその家族をアンカラの大統領宮殿で写した写真が掲載された。

    ソーシャルネットワークのユーザーらが少女の父親が戦闘員らに取り巻かれ、手に銃を持って座っている写真を掲載した。どちらの写真でも男性の顔は赤丸で囲まれている。

    ​フェイスブックの別のユーザーは少女の父親がテロリストらと写った写真を複数同時に掲載。少女自身の姿もあり、やはり戦闘員らに取り巻かれている。

    ​フェイスブックのユーザーは、少女が以前ツイッターで父は死んだと書いていることを指摘。しかし父親は健在で、トルコに暮らしている。

    ある写真では、少女の父親が銃をもち、背後にはダーイシュ(IS)の旗が見える。

    バナさんは7歳。母のファティマさんは英語教師で、9月に娘のツイッターアカウントを作成した。当時アサド軍はロシアの支援を受け蜂起勢力に支配された市東部への襲撃を開始していた。バナさんは市で起こっていることを英語で「虐殺」だと書いた。数ヶ月で彼女のフォロワーは35万人になった。

    バナさんがメディア・プロパガンダであるかどうかが先に報じられた。

    関連:

    シリア的捏造:誰が、いかに、何のためにシリア紛争について偽情報を流しているのか?
    アレッポの女性が拷問を語る、テロリストには女性は人間ではなかった
    タグ
    ダーイシュ, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント